​既存の処理方法の課題
既存の排水処理工程との比較を写真とビデオにてご覧ください
FLOC-METHODを導入するメリットが見えてきます
​既存の処理方法  ①
PAC添加にて凝集
(PH調整+PAC凝集)
​原水をPACが反応できる範囲にPH調整
​※左写真にあるように凝集フロッグは目視できないくらい小さい
​※日々違う原水に調整するのは管理は困難
​高分子凝集剤にてフロッグを大きくする
(高分子凝集剤+PH調整剤)
高分子凝集剤にて目視できるくらいのフロッグが大きくなったが
FLOC-METHDと比較するとフロックは小さい
添加量が厳密で管理が困難
適量に合わさないとフロッグが増大しない
適量を超えると水質の悪化​
高分子凝集剤の添加にてPHが上昇するためにPH調整剤の後添加が必要
※下記添付のビデオを参照ください
 処理水の粘度が向上している事が確認できます
 (過剰添加にて水質悪化)​
FLOC-METHD
1剤で脱水性の高い大きなフロックが形成される
添加量の厳密性がないため作業管理が容易
添加後のPHや水質の悪化が少ないため後添加も不要
水質悪化が少ないため既存工程処理の処理水より約6倍の再利用が可能(実績)
​既存の処理方法  ②
​既存の処理方法  ③
フロッグは小さく脆い
フロックを沈降するのに時間を要するため沈降槽を必要となる
FLOC-METHD
凝集力はどの薬剤より高く、脱水性の高い大きく強固なフロックが形成
凝集スピードも速く沈降も速いために
沈降剤や沈降槽が不要
PAC+高分子凝集剤
ビデオで目視しにくいですがフロックは小さく
沈降にも時間を要します
FLOC-METHOD​
​1剤のFLOC-METHODだけでスピーディーに凝集します
フロックは大きくすぐに沈降するために
​沈降槽を別途用意する必要はありません。
PAC+高分子凝集剤    FLOC-METHOD
​簡易ろ過にて3時間放置後の写真
左⇒PAC+高分子凝集剤  右⇒FLOC-METHOD
高分子凝集剤処理ではインクの色素が残っており
まだフロックの沈降が終わっていない状況
FLOC-METHODは約1分の撹拌にて5分後に
沈降は終わっております